【夫婦円満の秘訣】末永く仲良く


[ Menu :   トップページ | 相手への感謝の言葉を度々伝えることが夫婦円満の秘訣 | スキンシップを欠かさない夫婦は円満になる? | 犬や猫などを通じたコミュニケーションが夫婦円満に ] 
[ ケンカのできる関係こそ良好?ガス抜きで夫婦円満に | 日本特有の川の字文化は夫婦円満にならないって本当? | 夫婦円満には嘘も必要?すべてを共有しないことも必要 ]

相手への感謝の言葉を度々伝えることが夫婦円満の秘訣

たまに喧嘩
新婚時代は、ちょっとしたことでも相手に感謝できますし、それを言葉にして伝えることも多いものです。
しかし毎日一緒に生活していると、心遣いや思いやりに慣れて当たり前になってしまったり、相手のために何かするということが億劫になったりします。
このような状態は大なり小なりどんな夫婦にも訪れることですが、これを意識して回避することが夫婦円満の秘訣です。

一般的には、女性は家事や育児をする、男性は仕事をして家計を支えるのが夫婦それぞれの役割です。
ですが、いくら役割だとしても、毎日何のトラブルもなくスムーズに、すべてが順調に過ぎていくわけではありません。
女性の場合だと、頭痛や生理痛など不調があるときに家事をするのは大変ですし、育児にいたってはマニュアル通りに進まないので悩んでしまうこともあります。
男性なら、上司に無理なノルマを課せられたり、パワハラがあったり、頑張ってもお給料にも地位にも反映されないなどストレスが溜まることもたくさんあります。
お互いがこのような状態になると、自分の大変さばかりに目が向いてしまい、相手がしてくれることに対する感謝よりも「自分はこんなに苦労しているのに」という不満が溜まってしまいます。

もちろん自分がいっぱいいっぱいになったら、相手を思いやる気持ちが欠けてしまい、居てくれることやしてくれることに感謝できなくなることもあるでしょう。
しかし、夫婦はお互いの役割をこなしているからこそ家庭が成り立つのであり、どちらかが努力を怠れば崩壊してしまいます。
つまり今ある家庭は、自分だけではなく相手も頑張ってくれているからこそ維持できているのですね。
ですので例え当たり前の役割をこなしているだけであっても、感謝の心を忘れずに、そして意識して感謝の気持ちを伝えましょう。
よく「失って初めてわかる」と言いますが、当たり前の日常はパートナーを失っていないからこそ続くのです。
どんなに大変でも辛くても、感謝されれば報われますし明日への原動力になります。
プラスの言葉は夫婦の絆を強くしますし、感謝することで感謝を返してもらえるという良い連鎖が生まれ、確実に夫婦円満につながっていきます。



Copyright (c) 2001 【夫婦円満の秘訣】末永く仲良く All Rights Reserved