【夫婦円満の秘訣】末永く仲良く


[ Menu :   トップページ | 相手への感謝の言葉を度々伝えることが夫婦円満の秘訣 | スキンシップを欠かさない夫婦は円満になる? | 犬や猫などを通じたコミュニケーションが夫婦円満に ] 
[ ケンカのできる関係こそ良好?ガス抜きで夫婦円満に | 日本特有の川の字文化は夫婦円満にならないって本当? | 夫婦円満には嘘も必要?すべてを共有しないことも必要 ]

相手に干渉しすぎない事が夫婦円満のコツになる?

怒る旦那
夫婦円満の秘訣は、何をおいても信頼し合っているということです。
といっても、やっぱり自分と離れている時に相手が何をしているのか、どこにいるのかというのは気になるものですよね。
ですが、今は携帯電話やSNSでリアルタイムのやり取りができるので、以前よりも手軽に相手の行動が分かるようになっています。
ですので気になったら携帯やスマホを使って、相手が何をしているか把握することができます。

しかし、いくら手軽に行動が分かるとしても、干渉のしすぎはよくありません。
人間には、一人で考え事をしたいときもあるし、好きな場所でゆっくり過ごしたいこともあります。
もちろん人それぞれ性格が違っているため、常に一緒にいたいと思うかもしれませんが、相手が自分と同じ考え方とは限らないのです。
例えば、自分は散歩の趣味がなくても、パートナーはただ街の風景を見ながら散歩をしたいという趣味を持っているかもしれません。
それなのに、「どこで誰と何をしていたの」と問い詰められたり、「なんで散歩なんかしたの」などと言われたら不快な気持ちになります。
軽い気持ちで聞いているとしても、相手が不快に感じるということは干渉しすぎです。
これが続いたら、夫婦でいる時間の方が長い結婚生活が嫌になってしまうのもしょうがないと言えるでしょう。

確かに電話が繋がらなかったりメールの返信が遅かったりすると、それだけ不安になってしまいます。
しかし大人同士なのですから、ある程度時間には余白を持たせることも大事です。
例え心配でも、無理に聞き出すより、まるごと信頼していれば相手も何をしていたのか教えてくれることもあります。
ムダに相手を疑っても二人に有益なことはないですし、逆にそのせいで不仲になることの方が多いのです。
せっかく愛し合って信じて夫婦になったのですから、干渉しすぎず適度な距離感を維持して、自分も心に余白を持たせましょう。
お互いに余裕があればあるほど夫婦仲はうまくいくものなので、干渉したくなってもぐっとこらえて、尊重しあえる夫婦を目指したいですね。



Copyright (c) 2001 【夫婦円満の秘訣】末永く仲良く All Rights Reserved